診療科目: 内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、小児科、リハビリテーション科

サプリメント外来

栄養療法とは

 アメリカ・カナダなどでは、分子整合栄養医学によって多くの疾患の治療が 行われております。60兆個からなる体の細胞・さらに細かい分子レベルでの栄養を 考え、不足している栄養素を補給して体の不調を整え、自然治癒力を引き出して います。

どんな症状・病気が対象になりますか?

・めまいや頭痛など原因不明の不定愁訴
・うつ病・統合失調症・パニック障害
・不登校など回復不能と考えられている疾患
・アトピー性皮膚炎・黄斑変性症
・アンチエイジング・ダイエット
・メタボリック症候群
・スポーツ選手の栄養治療

診断・治療法は?

 当院では、血液検査データを解析する「栄養解析」であなたに必要な栄養素を 提案します。血液検査は通常に行われている2~3倍(約60~80項目)にものぼり ます。これにより症状や病気の原因を追求し、通常の診察では問題なしと判断 されたデータから分子整合栄養学的なアプローチにより原因を特定し、治療を 行うことが可能となります。
 精神科的な疾患や低血糖症と思われる方には、5時間糖負荷テストを実施して います。治療にはサプリメントを使用します。一般的に、サプリメント(健康 食品)を選ぶときには、自覚症状やその時のブームなどであいまいな基準で 選択されてきました。当院が行うサプリメント外来の特徴は、市販のサプリメ ントとは異なり、医薬品の製造に準じた工場で製造されているため、高純度で 高品質であり、効果も保証されております。

低血糖症とは
 栄養摂取の乱れによって生じる血糖調節障害のことです。 糖尿病治療中の低血糖発作のような意識障害を来すことはありませんが、様々な症状を呈 します。血糖値を調節する能力が低下し、一日を通して安定した血糖値の維持が困難になる ことによって、体や心に症状が起こります。食事の乱れが低血糖の主要な原因の一つですが、 例えば、甘いものやスナック菓子、清涼飲料水を毎日摂る、あまり食事を摂らない、よく おやつを食べるといった食生活が低血糖を招きます。その症状は人によって様々ですが、 強い眠気、集中力の低下、イライラ、不安感、手のしびれ、動悸、頭痛、筋肉のこわばりなど です。実際、うつ病と診断され、抗うつ剤を服用しても症状が改善しない人も少なくありません。